皮膚病の治療  延喜大皇社

ここに参ると皮膚病が直るといわれ参詣者が多い。

祭神は延喜大王である。延喜大王は宇多天皇の第2皇子で斉世親王と称し、妻は菅原道真の娘である。昌泰4年(901)九州の太宰府に左遷され、延喜2年(903)配所で没した道真の不遇を悲しみ、自らも剃髪して仏門に入り九州に下向してこの地に来たり行鎮寺を建立した。ここで病死した延喜大王を後世の人が神として祀ったのが延喜社である。

さがの歴史・文化お宝帳より


下は紹介動画です。   上のシェアボタンか、いいねを押してもらったら嬉しいです。